知ってみよう!ニコチンリキッドの概要

ニコチンリキッドとはなに?

ニコチンリキッドというのはVAPE(電子タバコ)のリキッドのうち、ニコチンを含んでいるものをいいます。VAPEは基本的にリキッドを気化して匂いを楽しむもののため、「タバコ」の分類ではありません。ただ、海外で販売されているニコチンリキッドはニコチンを添加しているため、eシガレットなどと呼ばれるタバコの一種です。日本国内では、薬機法によって第2種医薬品であるニコチンを勝手に販売や譲渡することが禁止されているため、医薬品に当てはまらないニコチンリキッドはお店で購入することはできません。また、タバコ事業法にもこのニコチンリキッドに関する定めがないため、タバコとしても販売できないのです。ニコチンリキッドを購入する場合には海外からの個人輸入の方法しかありません。さらにニコチンリキッドは一人当たりの輸入量も制限されています。

ニコチンリキッドの成分

ニコチンリキッドの成分は、植物性グリセリン(VG)やプロピレンングリコール(PG)、香料、ニコチンです。VGやPGはリキッドのベース液にあたり、商品によってこの割合が変わります。ニコチンの濃度もまた「~mg/ml」や「%」で表示されます。ニコチンリキッドはたばこ葉を使用していないため、タールなどの発がん有害物質が含まれていません。そのため、一般的なタバコと比較した場合、人体への悪影響が少ないといわれています。ただ、ニコチンを含有しているため、ニコチンの持つ依存性や健康リスクなどはタバコ同様です。ニコチンリキッドには、ノンフレーバーのものから香料の入ったものなどがあります。好みのフレーバーを作るために、ノンフレーバーのものに香料を調合して自作する人も少なくありません。