たくさんある!ニコチンリキッドのメリット

タールを含まないことによるメリット

タールはタバコの三大有害成分と謳われており、多種類の発癌性物質が含まれていることがわかっています。タバコを吸うと癌リスクが高まると言われているのは、そのためです。 他にもタールには強い粘着性があるため、のどや気道に滞留し続けることで肺や呼吸器にダメージを与えるとも言われています。喫煙者の歯に粘着して黄色や茶色にしているのもタールです。また妊娠中の女性は特にタールを避けなければなりません。妊娠中は赤ちゃんが呼吸するためにもたくさんの酸素を取り込む必要があります。しかしタールによって肺機能が低下してしまうと、赤ちゃんは十分な量の酸素を補給できず悪影響を受ける可能性があるのです。 ニコチンリキッドとは電子タバコを利用する際に使用される液体ですが、その液体は主に添加物によって作られています。タールが含まれているタバコの葉は使用されていないので、タールから受ける健康被害を回避できると言えるでしょう。

ニコチン濃度を調整できることによるメリット

タバコを止めたいと思っても、なかなか難しいですよね。その原因はニコチンにあります。ニコチンには強い依存性があるため、ニコチンが切れるとイライラしてしまいます。そしてそれは再びニコチンを補給するまで収まることはありません。つまり禁煙のコツはニコチンの量をコントロールして徐々に減らしていくことだと言えるでしょう。そこで大きな効果が見込まれているのがニコチンリキッドです。ニコチン濃度を調整しながら電子タバコに加えて使用することで、「吸っている満足感を味わいながら禁煙に取り組むことができる」「様々な味が選べることも禁煙のストレスを和らげてくれる」という声があります。

そうして禁煙に成功したら、その後のニコチンによる健康被害も避けることができます。ニコチンもまたタバコの三大有害成分の一つで、私たちの健康に大きな害を与えます。主には高血圧や血管収縮による心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めるとされています。